<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
LINKS
FEED
TAGS
vino (400) , italiano (166) , altro (141) , giappone (101) , piemonte (60) , beaupaysage (48) , toscana (34) , veneto (30) , domainesogga (26) , alsace (24) , loire (20) , labiancara (20) , caney (18) , YURUKAI (17) , bourgogne (14) , piatto (12) , fiuli (10) , sake (9) , sardegna (9) , cibo (8) , lazio (8) , novello (7) , emilia-romagna (7) , friuli (6) , altoadige (6) , champagne (6) , massavecchia (5) , sicilia (5) , liguria (5) , TAA (4) , eau-de-vie (3) , banyuls (3) , grappa (3) , bordeaux (3) , abruzzo (2) , campania (2) , rousillon (2) , lombardia (2) , rioja (2) , cava (2) , newzealand (2) , sonoma (1) , auvergne (1) , napa (1) , oregon (1) , slovenha (1) , languedoc (1) , basilicata (1) , valentini (1) , d'aosta (1) , valleed'aosta (1) , georgia (1) , canada (1) , vallee (1) , umbria (1) , tajimi (1) , calabria (1) , mexico (1) , birra (1) ,
ARCHIVES
★★★07
la montagne 2007 ★★★ BEAU PAYSAGE


IMG_0381.JPG


リリースより2年近く経ちました。
より自然発酵的ニュアンスが感じられます。ややアニマルなワイルドさも強くなったようです。

ヴィンテージ的にはやさしいイメージでしたが、熟成により複雑なブーケを身にまといました。

飲み口のスムーズさも増しています。

やや弱めのヴィンテージかと思っていましたが、ゆめゆめ侮ることなかれです。

春になれば2009年がリリースです。
  • (2011-02-07 23:32:10)
ネッビオーロ飲み比べ
2月27日に料理王国Academyサロンでセミナーが開催されます。

ピエモンテ州からワイン生産者が来日する「ランガイン」のイベントの一環で行われるものです。

私は午後の部のプロ向けのセミナーを担当させて頂きます。
ネッビオーロを飲み比べるという、なんとも贅沢な内容ですのでお楽しみに。

詳細は下記から。
http://www.cuisine-kingdom.com/academy/event/20110227_langainwine/info.htm
  • (2011-02-05 18:12:30)
いぶし銀ブルゴーニュ
Morey Saint Denis 2001 Georges Lignier et Fils


IMG_0380.JPG


良くいぶし銀などと言われてますが、まさに。

10年位経つと香りにも梅キノコや野性味が加わって来て楽しいです。

一番スタンダードクラスでもまだ果実味が豊かで若々しささえ感じます。
けっして世間受けする派手なタイプではありませんが、この職人気質には安心感を覚えます。

鳩のローストなどに如何でしょう。
  • (2011-02-04 16:21:52)
王道Barolo
Barolo 1998 Massolino


IMG_0379.JPG


たまには王道なワインもご紹介しなくてはなりません。

当店オープン時によく開けていたこのバローロ。
かなーり久方ぶりの登場です。

開けたてはなんとも無愛想。さすがです。
空気を吸わせて、温度を上げて、待つことしばし。

大物は慌てず騒がずです。

やっと複雑さを出してきた風味。
赤身のお肉と合わせると甘みが出てきます。
スケールの大きい存在感。

まだまだ今後の熟成が楽しみです。
  • (2011-02-03 18:41:30)
ピnot
not 2006 Paraschos


IMG_0377.JPG


こちらはピノ・グリージョ100%です。

果皮浸漬によりかなーり濃い色合い。ハッキリと深いオレンジ色で若干赤のトーンが見られます。とても白ワインのコメントとは思えませんね。

紅茶やオリエンタルスパイス、オレンジピールなど個性的な香りです。

温度が低いとかなり収斂性を強く感じてしまうため赤ワインの様に高めの温度が良いでしょう。

14から16度といったところでしょうか。

前菜からお肉料理まで何気に合わせやすい一本です。
  • (2011-02-02 23:50:38)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119