<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
LINKS
FEED
TAGS
vino (400) , italiano (166) , altro (141) , giappone (101) , piemonte (60) , beaupaysage (48) , toscana (34) , veneto (30) , domainesogga (26) , alsace (24) , loire (20) , labiancara (20) , caney (18) , YURUKAI (17) , bourgogne (14) , piatto (12) , fiuli (10) , sake (9) , sardegna (9) , cibo (8) , lazio (8) , novello (7) , emilia-romagna (7) , friuli (6) , altoadige (6) , champagne (6) , massavecchia (5) , sicilia (5) , liguria (5) , TAA (4) , eau-de-vie (3) , banyuls (3) , grappa (3) , bordeaux (3) , abruzzo (2) , campania (2) , rousillon (2) , lombardia (2) , rioja (2) , cava (2) , newzealand (2) , sonoma (1) , auvergne (1) , napa (1) , oregon (1) , slovenha (1) , languedoc (1) , basilicata (1) , valentini (1) , d'aosta (1) , valleed'aosta (1) , georgia (1) , canada (1) , vallee (1) , umbria (1) , tajimi (1) , calabria (1) , mexico (1) , birra (1) ,
ARCHIVES
forever young
BEAU PAYSAGE 2002

IMG_0677.JPG

過去に一度のみ造られましたこのワイン。
現在とは方向性の違うワインですが、また別の魅力があります。

このワインに限りませんが岡本さんのワインはいつまでも果実味が生き生きとしています。
もう少し熟成が進んでいるかと思いきや、抜栓するとその若々しさに驚かされます。

謎です。
  • (2011-10-22 22:54:54)
やっぱりSassaia
Sassaia senza 2010 LA BIANCARA

IMG_0675.JPG

早いものでサッサイアも2010年産が入荷。
今回の紹介は添加無し編です。

I Masieri同様に2010ヴィンテージは開きが早い印象。
勿体ぶったところも無く、最初から旨味も開いてます。

ある意味極上のミネラルウォーターに例えられる、このゆるゆる感が堪らないのです。
  • (2011-10-21 16:39:54)
古代ローマより
Ciro’ Rosso Classico 2009 'A VITA

IMG_0678.JPG

このワインの歴史は古く古代ローマ時代より愛飲されてきました。

色調はとても明るくてほんのり桜色を帯びた紅色です。
濃いめのロゼといっても差し支えないでしょう。

チェリーやドライトマトのような風味はこのワインのキャラクターです。
色合いとは違いフワッと存在感のある香り芳醇な味わいが口中を満たします。
スッと滑らかに喉を通り抜けていきます。
果実風味が何時までも鼻腔に残っています。

やさしさと不思議な存在感です。
  • (2011-10-20 23:02:14)
イタリアワインマスターズ
10,11月で4回にわたってセミナーが開催されるイタリアワインマスターズ。
本日はChianti Classicoのテーマで講師を務めさせて頂きました。

若いサービスマンが主な対象のセミナーですが、皆さんとても勉強熱心で感心してしまいました。
頼もしい限りであります。

IMG_0674.JPG
  • (2011-10-19 23:50:34)
ドリアーニのドルチェット
Dolcetto di Dogliani 2006 San Fereolo

IMG_0680.JPG

引き続きT田くんのヴィネッコからです。

一昔前も一時期日本に入ってましたが随分印象が変わりました。

ギュッとミネラルの凝縮した旨味のあるドルチェット。
ドリアーニのドルチェットは何故こんなに存在感があるのでしょう。

じっくり付き合いたくなる一本です。
  • (2011-10-18 23:16:15)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119