<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
LINKS
FEED
TAGS
vino (400) , italiano (166) , altro (141) , giappone (101) , piemonte (60) , beaupaysage (48) , toscana (34) , veneto (30) , domainesogga (26) , alsace (24) , loire (20) , labiancara (20) , caney (18) , YURUKAI (17) , bourgogne (14) , piatto (12) , fiuli (10) , sake (9) , sardegna (9) , cibo (8) , lazio (8) , novello (7) , emilia-romagna (7) , friuli (6) , altoadige (6) , champagne (6) , massavecchia (5) , sicilia (5) , liguria (5) , TAA (4) , eau-de-vie (3) , banyuls (3) , grappa (3) , bordeaux (3) , abruzzo (2) , campania (2) , rousillon (2) , lombardia (2) , rioja (2) , cava (2) , newzealand (2) , sonoma (1) , auvergne (1) , napa (1) , oregon (1) , slovenha (1) , languedoc (1) , basilicata (1) , valentini (1) , d'aosta (1) , valleed'aosta (1) , georgia (1) , canada (1) , vallee (1) , umbria (1) , tajimi (1) , calabria (1) , mexico (1) , birra (1) ,
ARCHIVES
旨味ソーヴィニョン
Touraine Sauvignon Blanc 2008 Domaine des Bois Lucas


IMG_0425.JPG


エチケットやロゴが一新されました。

中身は、
とても恵まれたヴィンテージとなった2008年、ほか諸々の要因によりとても充実した味わいになっています。
もちろんポテンシャルも十分ですが、既に納得させられる味わいが存在します。

もう少ししたら山菜と合わせましょう。
  • (2011-03-10 23:10:30)
本年一回目
遅ればせながら、今年第一回目のゆるワイン会のお知らせです。

3月に入ってから東京でも雪が降ったりしましたが徐々に暖かくなってきました。
もうすこしで本格的な春が始まりますね。

ということでワインは春向きなものを、イタリアを中心に。
また曽我さんの意欲的、実験的?なワインを開けようかと考えております。

ゆるワイン会2011春
3月20日(日)17時から
お一人様¥8,000- 今回もお料理(立食形式)をご用意いたします。

3月はイタリアワインセミナーで北は札幌から南は福岡まで行ってきます。残念ながら日帰りです。
  • (2011-03-09 10:31:01)
Brunelloの果実味
Brunello di Montalcino 2004 Il Colle


IMG_0421.JPG


このブルネッロは昨年某雑誌で取り上げられて品薄になっていました。

抜栓直後から果実味が開いています。
ブルネッロとしては勿論まだ若いのですが素直に美味しいと感じます。

非常に熟した果実風味に富んでいて、今までイタリアワインを敬遠していた人にも是非おすすめです。

  • (2011-03-07 18:34:20)
rispetto
BRIC V.d.T. MALVIRA

IMG_0420.JPG


このワインのフィロソフィーを表現した楽しいエチケットです。

allegria
festa
divertimento
amizicia
ospitalita'
gioco
rispetto
amore

しかし味わいは厚みのある果実味でヴォリュームたっぷりです。

  • (2011-03-05 18:12:13)
食卓のワイン
本日は一般消費者向けのセミナー講師をさせて頂きました。

テーマはイタリアワインと和食。

一般消費者の方からの質問や意見にはハッとさせられることも多く大変勉強になります。

仕事で四六時中接していると思考の柔軟性を欠いてしまいがち。


さて、
イタリアの土着品種は食事と合わせた時に本領を発揮する事が多いと思います。
食卓のワインなのです。

和洋中、世界で最もバラエティーに富んだ日本の食卓にはイタリアワインの活躍の場が多いのです。

IMG_0411.JPG
  • (2011-03-04 18:53:40)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119