<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
LINKS
FEED
TAGS
vino (400) , italiano (166) , altro (141) , giappone (101) , piemonte (60) , beaupaysage (48) , toscana (34) , veneto (30) , domainesogga (26) , alsace (24) , loire (20) , labiancara (20) , caney (18) , YURUKAI (17) , bourgogne (14) , piatto (12) , fiuli (10) , sake (9) , sardegna (9) , cibo (8) , lazio (8) , novello (7) , emilia-romagna (7) , friuli (6) , altoadige (6) , champagne (6) , massavecchia (5) , sicilia (5) , liguria (5) , TAA (4) , eau-de-vie (3) , banyuls (3) , grappa (3) , bordeaux (3) , abruzzo (2) , campania (2) , rousillon (2) , lombardia (2) , rioja (2) , cava (2) , newzealand (2) , sonoma (1) , auvergne (1) , napa (1) , oregon (1) , slovenha (1) , languedoc (1) , basilicata (1) , valentini (1) , d'aosta (1) , valleed'aosta (1) , georgia (1) , canada (1) , vallee (1) , umbria (1) , tajimi (1) , calabria (1) , mexico (1) , birra (1) ,
ARCHIVES
マグナムしか造らないバルベーラ
BARBERA D'ALBA RISERVA VIGNETO POZZO DELL'ANNUNZIATA(MAGNAM) 1998
Roberto Voerzio

IMG_0798.JPG

ロベルト・ヴォエルツィオといえば勿論バローロで高名な造り手でありますが、ごく少量造られる単一畑のこのバルベーラはマグナムボトルのみの生産です。
品質は言わずもがなですが、お値段も並みのバローロを凌駕します。

良年でありブルーべりージャムやマラスカチェリーのリキュールなど濃厚な果実が押し出してきます。
マグナムならではの緩やかな熟成によりタンニンは随分滑らかになりました。

この時代に一つの方向性を打ち出した新たなバルベーラ。

時を経てなお存在感アリアリです。

  • (2012-02-24 18:17:03)
ピエモンテ・ナイト
I VINI GRANDI DA PIEMONTE

IMG_0796.JPG

世知辛い昨今ですが、たまにはこんな夜も良いのでは。

幸せなラインナップでした。

  • (2012-02-23 23:09:19)
帰京します

IMG_0795.JPG

本日は大阪でした。
ディナーに間に合うように帰ります。

  • (2012-02-22 15:32:26)
un'altra BARBERA
Barbera Val Tidone L'Attesa 1998 Solenghi Gaetano

IMG_0794.JPG

エミリア・ロマーニャのバルベーラです。
日本ではバルベーラといえばピエモンテ州が有名ですが、ロンバルディア州やエミリア・ロマーニャ州でも多く栽培されています。
地元では少し発泡を残したヴィヴァ―チェが飲まれますが、このバルベーラは驚異的な熟成のポテンシャルを持っています。

鮮紅色は深みがあり、熟した赤いベリーやチェリーの風味が鮮烈です。
未だ若ささえ感じさせます。
アタックはやさしいのですが中盤から果実味が膨らみ旨味の乗ったエレガントな酸が余韻に続きます。

熟成による複雑さと大地のミネラルを感じるバルベーラ。
  • (2012-02-21 19:46:18)
EUのオーガニックワイン規定
EUのオーガニックワイン規定

153px-EU_organic_farming_logo.svg_2.png

遅ればせながらEUでオーガニックワインの規定が施行されました。

従前はぶどう栽培にのみオーガニックや有機栽培の認証規定がありましたが、今回は醸造に関する初の規定です。

ニューワールドといわれる地域では既にそれぞれの基準を設けていたのですが、ようやくオールドワールドも追いついた形でしょうか。

とは言え
どんな認証であれ味を保証するものではなく、最終的に信じられるのは己の判断です。
  • (2012-02-20 23:10:48)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119